ハロウィン トリック オア トリート 意味はお菓子とどんな関係があるの?

10月31日はハロウィンですね。ハロウィン当日だけでなくその前後の日時で様々な場所で仮装イベントが開催
されています。ハロウィンと言えば海外では子供たちが「トリック オア トリート 」と言いながら近所の家に
行きお菓子を貰うと言われていますが、この「トリック オア トリート」ってどういう意味なのか気になりますね。

ハロウィンに配られるお菓子やどうして仮装するのかなどハロウィンにまつわる気になる事を調べてみました。

ハロウィンの起源と由来

ハロウィンの起源はヨーロッパのケルト民族が行っていたサウィン祭というものとされています。
ヨーロッパのケルト民族の大みそかは10月31日でこの日に先祖の霊が集まってくると言われていました。

その時に悪霊も一緒についてきてしまい悪さをすると言われていたので、悪霊を追い払うために仮装したり、魔除けとなるかぶを飾ったりしたと
言われています。

かぶは現在はかぼちゃとなっています。ヨーロッパからアメリカにハロウィンが広まった際に
かぶからカボチャに変わったと言われています。カボチャの提灯で悪霊から子供や農作物を守ろうと
カボチャの顔を怖い顔にくり抜いて火を灯して魔除けにして使ったとされています。

ハロウィンはアメリカに伝わったあとさらに世界各地に広まっていき現在は仮装パーティーなどの
ハロウィンイベントとなっています。

トリック オア トリートの意味は?

「トリック オア トリート」とはどのような意味なのでしょうか。日本語では「お菓子をくれないといたずらしちゃうぞ」という訳になっています。
「トリック」がいたずらするという意味の単語で「トリート」はごちそうという意味の単語です。

英語ではそれぞれ「trick」「treat」と書きます。

そして「オア」がAでなければBになるというような意味があるので、「ごちそうがなければいたずらになる」
直訳では少しおかしくなりますが、何となく意味は分かりますよね。

ここではごちそうがお菓子という事になります。
子供たちが「トリック オア トリート」と訪ねてきた時には定番の返事の仕方があります。

「トリック オア トリート」には「ハッピーハロウィン」と返事しよう

それは「ハッピーハロウィン」という返事です。これは「素敵なハロウィンを」「良いハロウィンを」というような意味です。子供たちにお菓子を渡して楽しくハロウィンを過ごしてねと伝えるのです。

あともう1つ別の返事があると言われています。その返事は「トリート」です。トリートはごちそうという意味なので、
お菓子をあげるからいたずらしないでねという事でしょう。

ハロウィンのお菓子は何を用意するの?

ハロウィンではお菓子を用意しますがどのようなお菓子を用意するのでしょうか。用意するお菓子には
どのような意味があるのでしょうか。

ハロウィンに配るお菓子には決まりはないと言われています。おすすめされているのは個包装されているもの、
小分けされているものです。配りやすいからでしょう。

キャンディやチョコレート、キャラメル、クッキー、駄菓子などが人気です。
個包装されているマドレーヌ、チョコケーキなどもおすすめです。

お菓子で悪霊を追い払うという意味もあると言われています。

ハロウィンの仮装は?

ハロウィンでは様々な仮装をしますが、ハロウィンをイメージするものは、魔女やゴースト、損部、黒猫、かぼちゃ、
狼男、骸骨などです。悪霊を怖がらせて帰らせるというような理由で仮装していたので、怖い仮装が多かったようです。

現在はアニメのキャラクターに仮装したり、警官やメイドさんなど自由に仮装していることが多く、
悪霊を追い払うための仮装という意味は無くなっています。

ハロウィンは子供も大人も楽しめるイベントになっていますので、非日常を味わえる楽しいイベントに
家族みんなで参加して楽しんでみてはいかがでしょうか。