運動会によく使われる四字熟語のスローガンってどんな感じ?

秋は運動会シーズンです。最近では春に運動会を行う学校も増えていますが、まだまだ秋が運動会の本番と言えます。

運動会や体育祭にはスローガンが付きもので、このスローガンには四字熟語がしばしば使われます。本記事ではスローガンとしてなぜ四字熟語が好まれるのかや、人気の四字熟語と、その意味を収集・解説したいと思います。

運動会・体育祭のスローガンに四字熟語が多く選ばれる理由

運動会や体育祭では紅白やクラス対抗で得点を競い合って盛り上がります。そして勝利に向けて紅白やクラスの団結や奮闘を訴求するために、スローガンがよく掲げられます。

このスローガンとしては、簡潔な単語・英語・四字熟語等が使用されます。いずれの場合にも、各学校の年齢層に対して少し背伸びをしたものを選定される事が少なくありません。

背伸びをする感じが最も顕著に表せるのが四字熟語で、普段は使わないような漢字が入っているのが、格好良く思えるのです。これがスローガンとして四字熟語がよく使用される理由と言えるでしょう。

以下で小学校・中学校・高等学校別に、最適な四字熟語の例をご紹介します。

小学校の運動会のスローガンに最適な四字熟語

小学生も高学年になると、スローガンとして格好良い四字熟語を使いたいと思う様になるものです。しかし、低学年にはあまり難しいものは似つかわしくないので、先生等のアドバイスをもらいながら、漢字が読めない低学年でも、聞いた事があるようなものを使用するのがふさわしいと言えます。

そんな四字熟語の例としては、百戦百勝、一致団結、正正堂堂と言ったものが向いていると思います。意味は、説明するまでもないものです。

中学校の体育祭のスローガンに最適な四字熟語

中学生になると、少し難しい漢字が入っている四字熟語が格好良いとして、読む事が出来ても、書く事が出来ないような文字の入ったものに人気が集まります。
しかし、難解すぎて意味不明では用をなさないので、威風堂堂、切磋琢磨、猪突猛進と言った四字熟語がお勧めです。

威風堂々は態度や雰囲気が威厳に満ちている立派なさまを表わすもので、勝敗に拘らず正々堂々とプライドを持って戦い、その先に勝利を目指す四字熟語として使用できます。

また切磋琢磨はお互いに磨き合い高め合う事を表す四字熟語で、お互いに高め合う仲間と一緒に団結して戦う意思を表明する四字熟語のスローガンとして活用されます。

さらに猪突猛進はイノシシのごとく脇目も振らず目標に向けて突進する様を表し、勝利に向けて猪突猛進する意思を表明するのに最適と言えます。

高等学校の体育祭のスローガンに最適な四字熟語

高校生ともなると、更に難解な漢字が使われ、普段使う事もない様な難しい四字熟語を探してでも使用すると言う傾向が顕著となります。

しかし、難解さを追い求めると、体育祭のスローガンとしては意味が少し異なるものを選びかねないので、その点は注意が必要と言えます。

やはり難解さもそこそこで、何となく読めるし、意味も何となく分かるものを選ぶ方が良いと言えるでしょう。そんな四字熟語の例として勇猛果敢、疾風迅雷、不撓不屈等がお勧めと言えます。

勇猛果敢は、高校生なら聞いた事のある四字熟語で、勇ましく大胆な様を表す四字熟語です。また疾風迅雷は素早く激しい様を表現するもので、この2つの四字熟語はスピードや体力で他のチームを圧倒する意思を表明するスローガンとして最適でしょう。

不撓不屈は強い意志を持って、どんな苦労や困難にも負けないと言う気持ちを表現するもので、勝利に向けての強い意志表明のスローガンとして良いでしょう。

まとめ 四字熟語は小・中・高の児童生徒にとっても格好良いスローガンです

運動会や体育祭のスローガンとしては、とにかく格好良いものを求めます。その最たるものが四字熟語で、現代っ子にとっても難しい漢字が入り、少々難解なのが好まれます。
そんな中でも、上記で示した様な年齢層に応じて少し背伸び感があるものの、何となく意味が分かり、何となく読めそうな四字熟語を選定するのがお勧めと言えます。